天珠の種類

◎天珠について  
チベットの西蔵地方から各地に伝わったので「チベット天珠」「西蔵天珠」と呼ばれています。メノウ、玉随、カーネリアンなどを円筒形に加工し表面に 吉祥紋様を焼付けてあります。特殊な染料を浸透させ高温で焼付けします。
円の形を眼として表現する「一眼天珠」から、「二十一眼天珠」を基本とし、円と四角を 組合せた「天地天珠」など多様な紋様があります。本来はチベット仏教の僧侶が身につける物でしたが、1994年に起きた「中華航空140便墜落事故」の生存者が身に付けて いた事からブームになり一般に広がりました。
※天珠を身につけることで天珠の霊力により災厄を逃れ、生命を守り、幸運を招くと言われています。それぞれの紋様に意味があり 叶えたい願いによって、その効力を持った天珠を選ぶと良いですよ。

◎黒白天珠  (幅:約1.5cm)  
陰と陽のバランスが整い、天地の気が一身に集まり流星の一途。労苦は去り、すべてが好調に運ぶ。

◎龍神天珠  (幅:約2.9cm)  
絶対的なパワーの象徴、龍神のパワーが身につき、東の御仏から守護され、富と繁栄、大いなる幸せを獲得でき、絶大な勝負運を呼ぶと言われている。

◎観音天珠  (幅:約1.4cm)  
観自在菩薩の観音力で、すべて上手くゆき、十方まるく収まり悩みや苦しみから救われ心身が平安になる。

◎八眼天珠  (幅:約2cm)  
八方位から菩薩のご利益が得られる。頭・手・足・心臓・胃・肝臓・腎臓・膵臓を守る。

◎福寿天珠  (幅:約3.6cm)  
文字通り、福と寿が授かる天珠。つまり、大いなる幸せがもたされ健康が守護され長寿が叶う効験がある。

◎三眼天珠  (幅:約3.7cm)  
福・禄・寿(ふくろくじゅ)、つまり幸せ、お金、長寿を叶える天珠。また、この天珠は密教の財神を象徴し、金運招来の意味を持つ。

◎龍眼天珠  (幅:約3.9cm)  
観音菩薩の化身である龍のパワーが身に付き、大いなる権力と富を掌中にできる。また、風水の龍脈に結ばれ運勢が開花しますよ。

◎大鵬鳥天珠  (幅:約3.9cm)  
あらゆる災いや障害、トラブルなどから御身を守護する天珠。一切の不運も悩みも消えて、至福の時に至る。

所在地・お問合せ

〒678-0214
兵庫県赤穂市朝日町5-1
TEL:0791-42-0001
FAX:0791-43-7011
営業時間:10時〜17時
定休日:毎週火曜日(祝日は営業)